テントの耐久年数って実際どれくらい?

TentJapan.com

テントをつけようと思ったら、気になるのがその耐久年数です。

決して安い買い物ではないので、慎重に選びたいところです。

テントの耐久年数は立地で変わる

テントの耐久年数はその立地・環境に大きく左右されます。あなたがテントをつけようとしている店舗・または場所は、どんな環境にあるでしょうか?下記でおおよその耐久年数をチェックしていきましたょう。

テントが住宅地にある場合

テントが住宅地にある場合、最も耐久年数を稼げそうな立地と言えます。雨の日・風の日にはテントを閉じるなどの細かな工夫も耐久年数を伸ばすうえで大事なポイントになります。

テントが樹木の下にある場合

テントが樹木の下にある場合、樹液などで汚れが付きやすくなっていきます。鳥などの糞尿も、テントを汚す原因の一部となります。木では、松やクヌギ、コナラ等が樹液を落としやすい樹木と言われています。夜になると樹液が落ちてくるので、ヤニ成分でテントがべたべたになりがちです。この場合、水拭きしたところでべたべたした感触はとれません。テントが樹木の下にある場合は、なるべく開閉式の物で、夜の間は畳んでおくなどの工夫で耐久年数を上げていく方法が良いです。